雑菌が入って肌トラブルを起こす

 

ムダ毛処理をするときに多くの人が用いるカミソリですが、いつも清潔なものを使うように心がけていますか?
もったいないからとつい古くなったカミソリを使えば肌に雑菌が入ります。
また、毛抜きを使ってムダ毛を自己処理している方もいらっしゃいますが、処理後の毛穴はしばらく開いたままですから終わってお風呂に入れば毛穴から雑菌が入ってしまいます。
肌を守るためには清潔な状態を保って自己処理をしなければいけません。

 

 

ムダ毛処理した時に雑菌が入ると肌はどうなる?

古くなったカミソリは切れにくいですからムダ毛処理を続けると傷ができやすいですし、傷口からは雑菌が入りやすいです。
毛抜きを使ったムダ毛処理も毛穴が開いたままですから、開いた毛穴から雑菌が入り込みます。
肌の中に雑菌が入ったまま放っておくと肌トラブルが生じます。
炎症が起きたりカミソリ負けのところが膿んだりしている肌は、ムダ毛処理をしても人に見せられるような状態ではありません。
肌トラブルの状態が悪ければ、皮膚科などで治療してもらうことも必要になってしまいます。
ムダ毛の自己処理は手軽でいつでも出来る良さがありますが、肌トラブルを起こさないためにかなり注意することが必要です。

 

 

雑菌が入らないようにムダ毛処理する方法とは?

まずはムダ毛処理をするときに使う道具を清潔にすることです。
くれぐれも古くなったカミソリをいつまでも使わないようにしてください。
ムダ毛を自己処理する場合、入浴前や入浴中に行う方は多いです。
しかし、湯船の中には雑菌が想像以上にたくさんいますから、ムダ毛処理後は絶対に湯船に入ってはいけません。

 

清潔な道具を使うこと、ムダ毛処理後は湯船に入らないこと、この2つを守ってもどこかから雑菌が入ってトラブルを起こすことはあります。
安心して清潔な環境の中でムダ毛処理をしたいならば脱毛サロンです。
道具はいつも清潔にしたり使い捨てのシーツを使うなど、脱毛サロンは清潔を守るために最大限の努力をしていますから、肌トラブルを防いできれいに処理できますよ。

関連ページ

黒いポツポツが残る
自己処理をしてきれいに剃ったはずなのに黒いポツポツが残ることがあります。遠くから見ればそれほど分かるものではありませんが、せっかく処理したのにきれいになったと言えないなんてがっかりですよね。
赤いぶつぶつが出来る
自己処理をしようといつもカミソリを使ってムダ毛処理をしていると、カミソリを当てるだけで痛みが生じて非常につらいです。気づかないうちに肌にできてしまった赤いぶつぶつ、後になってから気がついてびっくりした方も多いのではないでしょうか。
埋没毛ができる
自己処理にもいくつかの方法がありますが、毛抜きで処理した場合に起きるトラブルに埋没毛があります。表には出てこないのに肌の中でどんどん伸びていく埋没毛は見た目にも気になって嫌なものですし、表に出ていないので処理するのも難しいため本当に困難です。
肌に黒ずみができる
ムダ毛を自己処理してきれいになったと思ったら肌の黒ずみができた、と悩んでいる方は少なくありません。たしかにムダ毛は処理をしてなくなりましたが、黒ずみはなかなか消えず厄介な存在です。
毛が濃くなってしまう
ムダ毛処理を自己処理した場合に、多くの方が毛が濃くなったと悩んでいます。自己処理をするしないに関わらず、毛穴の数は変わるものではありません。しかし、剃った後に生えたムダ毛を見ると前よりも太く、濃く見えて嫌な気持ちになります。
肌荒れしてしまう
肌をきれいにしようとムダ毛処理をしたのに肌荒れしてしまった、とお悩みの方は多いです。ムダ毛はなくなったとしても肌がボロボロでは美肌とはいえません。堂々と表に出せる肌にするためにムダ毛処理したのに、肌荒れしたら困ります。
肌がチクチクする
ムダ毛をカミソリで自己処理したら見た目にはムダ毛はなくなります。けれど触ってみるとまだチクチクしてなんだか気持ち悪いから、さらにカミソリをあてたために結局は肌を傷つけてしまった、という方の話をよく聞きます。肌を守るためにはよくないことだとわかっていても、チクチクが気持ち悪くてついカミソリを強くあててしまうのです。
毛穴が広がる
ムダ毛の自己処理で毛抜きを使った場合、毛を抜いた後の肌は毛穴が開いたままになります。自己処理でカミソリを使った場合も、きれいにするためについ深く剃ってしまって毛穴を押し広げてしまうこともあります。
痛くて続けられない
カミソリでムダ毛処理をする場合は毎日お手入れが必要になってしまうため、毛抜きや脱毛テープやワックスなどを使っている方もいらっしゃいます。しかし、毛を抜いたり、テープやワックスを剥がすときにはかなり痛みが出ます。痛いのを我慢するのはつらいものですから、痛みがなく出来るムダ毛処理方法を考えましょう。